大腸がん

  1. 【大腸がん】救世主!「寄せて上げるブラ」

    大腸ポリープを切るために行われた1回目の手術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)。この手術をした時に開いてしまった穴。その穴を塞ぐために行われた2回目の手術は、全身麻酔手術でした。詳しくはこちら手術は無事に終わり、翌日には自分の病室に戻りました。

    続きを読む
  2. 【大腸がん発見記Vol.2】手術で大腸ポリープを取る

    3泊4日の予定で入院し、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行います。手術と言ってもほぼ内視鏡検査の時と同じ状況なので、化粧はしたままだしマニキュアを落としてなど言われず、特に制限はありません。内視鏡検査の時と同じように、数時間かけて2Lの下剤を飲んで腸をからっぽの綺麗にします。

    続きを読む
  3. 【大腸がん発見記Vol.1】大腸ポリープを発見!

    毎年受けている人間ドック。いつもは検診センターで受けていたのですが、今年は近所の総合病院で受けることに。この何気ないチョイスが、今後の私に幸運をもたらしてくれたのでした。検査結果は、便潜血(べんせんけつ)。精密検査の必要ありと診断されたのです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る